【あきらめないで!】今からバストを大きくする方法とは?大胸筋トレーニングやマッサージなど

効果あり?2つのホルモンの活性化で30代や40代がバストを大きくする方法!

【あきらめないで!】今からバストを大きくする方法とは?大胸筋トレーニングやマッサージなど

 

 

2つのホルモンの活性化で、30代や40代の方がバストを大きくする方法ってあるのでしょうか?

 

年齢が重なる度に感じる身体の衰えは、特に30代からあからさまに感じることですが、それはバストも同様で、20代より30代、30代より40代と年齢が重なる度にバストの老化への恐怖は増えるものです。

 

しかし、そのようなことはじっと黙ってみていられませんよね。

 

ではこれに対してどう対処すれば良いのかと言えば、2つのホルモンの活性化が必要なのです。

 

そこで今回は、30代や40代の女性のバストを、2つのホルモンを活性化させることで大きくする方法をお伝えします。

 

あなたがずっと輝く素敵な女性でいるために、是非参考にしてくださいね。

 

 

 

 

・30代や40代の女性が必要とする2つのホルモンとは?

 

人が生きる自然の流れとして、老化による身体の衰えは避けることができませんが、この老化に深く関わるものが成長ホルモンです。

 

成長ホルモンは別名「若返りホルモン」とも呼ばれ、夜寝ているときに分泌されるのですが、特に寝入りばなの約3時間の間に分泌が盛んになるホルモンです。

 

日中で傷ついた細胞や皮膚の再生、代謝アップ、コラーゲンの再生などの働きがありますので、バストを大きくすることには非常に大切なホルモンなのですが、30代からその分泌量が徐々に減り始め、40代を過ぎると成長ホルモンの分泌量が減ってしまいます。

 

また、女性ホルモンについては活性化することによりバストを作っている乳腺が発達して、脂肪を増やし大きくすることが期待できるのですが、30代後半から徐々に減り始めます。

 

これらのことから30代や40代の女性がバストを大きくするためには成長ホルモンと女性ホルモンの活性化が重要になるわけですね。

 

 

 

 

・成長ホルモンを活性化させるためには?

 

成長ホルモンは睡眠中に分泌されますので、睡眠不足にならないような注意が必要です。

 

多くの分泌量を期待できるのは、寝入りばなの3時間ではありますが、特に始めの1時間半の深い眠りに入るときには多くの成長ホルモンが分泌されます。

 

そのため質の良い睡眠をとることを心掛け、最低6時間を目安にして睡眠時間を確保し、生活習慣の乱れが無いような毎日を送ることが成長ホルモンの活性化につながります。

 

この成長ホルモンの活性化が30代、40代の女性のバストを大きくすることに深く関わりますので、睡眠時間は何とかして確保したいですね。

 

・女性ホルモンを活性化させるためには?

 

女性ホルモンは卵巣から分泌されますが、冷えが生じていると血行不良のため分泌量が減少します。

 

そのため女性ホルモンの活性化を期待するためには、卵巣を保護する骨盤部分の冷えを防ぐ必要があります。

 

 

【あきらめないで!】今からバストを大きくする方法とは?大胸筋トレーニングやマッサージなど

 

 

またストレスは自律神経を乱し、脳から伝達される女性ホルモンの分泌を妨げますので、自分なりのストレス解消法を見つけることが大切です。

 

さらに女性ホルモンは、加齢により減少しますので女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするイソフラボンが含まれている豆腐や納豆、大豆製品などを摂ることも効果的ですよ。

 

この他にも女性ホルモンの活性化は、恋愛感情を伴ったトキメキを持つことも大切です。

 

これらの方法を十分に活用して女性ホルモンを活性化させると、30代になっても40代になってもバストを大きくすることが期待できますよ。

 

・まとめ

 

バストを大きくすることは年齢が重なるとどうしても諦めがちになりますが、成長ホルモンと女性ホルモンをしっかり活性化させると、これまでバストを大きくすることを諦めていたことに勿体なさを感じるのではないでしょうか。

 

是非今後も、年齢など気にせずに女性らしい美しさを大切にして、自分らしく輝きましょうね。

 

またこんな方法もありますので、下記の記事も参考にしてみてくださいね。