【あきらめないで!】今からバストを大きくする方法とは?大胸筋トレーニングやマッサージなど

【必見!】産後に垂れてしぼんだバスト!ハリを取り戻し大きくするには?

【必見!】産後に垂れてしぼんだバスト!ハリを取り戻し大きくするには?

 

 

可愛い赤ちゃんが産まれて抱っこしながら授乳する喜びは、女性に与えられた特権ですね。

 

しかし卒乳後に見られるバストの変化。

 

授乳中にはあんなに大きかったバストが、みるみるうちにしぼんで垂れてしまって…ということになると、やはり女性ですからカッコ良く大きなバストでいたいという気持ちが募る人も多いでしょう。

 

そこで今回は、産後そして卒乳後のバストをカッコ良く大きくするためにはどのようにしたらよいのか、ということをご紹介します。

 

是非、ママになっても女性として輝き、美しいバストを維持するための参考にしてくださいね。

 

 

◆産後や卒乳後にあるバストの変化とは?

 

産後の女性のバストは、驚くほど大きくなる人が多いですね。

 

それは、授乳のために女性ホルモンの分泌量が通常よりも大量に増え、乳腺がかなり発達したためです。

 

しかし赤ちゃんが成長しておっぱいがいらなくなると、垂れたり、しぼんだりという悲しいバストになってしまう人がほとんどです。

 

大きくなっても驚きますが、その逆も変わり果てた様には自分のバストながら驚きますよね。

 

バストが垂れたりしぼんだり、小さくなったりすることには理由があります。

 

【必見!】産後に垂れてしぼんだバスト!ハリを取り戻し大きくするには?

 

 

・女性ホルモンの分泌が急激に減った

 

卒乳によりそれまで分泌されていた女性ホルモンが妊娠前の分泌量に戻りますので、乳腺の発達も元に戻ると乳腺を包んでいた脂肪もそれに合わせて減ります。

 

そのためバストがしぼんで垂れてしまいます。

 

・皮膚が伸びてしまった

 

バストが大きくなっていたため、バストを覆う皮膚もその大きさに伴い伸びてしまいます。

 

すると乳腺が元に戻ることでバストが小さくなったとしても、皮膚は伸びたままのためバストが小さくなるとしぼんだバストになるわけですね。

 

・猫背になった

 

赤ちゃんを抱っこしていると、どうしても猫背になりがちですね。

 

しかし、それは上半身が前かがみになりますのでバストも下向きになってしまい、垂れる元になります。

 

また前かがみの姿勢は血行不良にもなりますので、バストのハリを失うことにもなりますよ。

 

 

 

 

◆産後や卒乳後のバストを大きくするには?

 

垂れたりしぼんだりしてしまったバストを大きくするには、毎日の積み重ねによるバストケアが大切です。

 

・身体を冷やさない

 

冷えは血液やリンパの流れを滞らせ、老廃物を溜め込む元になりますし、血液の流れが悪ければ十分な栄養がバストに届きません。

 

また卵巣への血液の流れも悪くなるため、バストを大きくする効果が期待できる女性ホルモンの分泌量を減少させます。

 

そのため入浴やリンパマッサージなどで、常に血行を良くすることを心掛けることが大切です。

 

・ストレスをため込まない

 

ストレスがたまると気持ちが落ち着かないことも多く、自律神経の乱れを生じさせます。

 

女性ホルモンは自律神経により司られていますので、そうなれば女性ホルモンの分泌量が減少し、バストを大きくすることを期待することは難しくなります。

 

産後には可愛い赤ちゃんも、夜泣きや病気などで落ち着かず、ママはストレスが溜まることは避けられませんね。

 

そのためバストを大きくするには、自分なりのストレス解消法を見つけておくことが大切です。

 

 

 

 

・正しいサイズのブラを選ぶ

 

産前産後のバストサイズは変わりますし、卒乳後のバストでは皮膚の伸びも気になります。

 

バストサイズは変化しやすい時期のため、ブラはそのときに合わせたサイズを選ぶことが大切です。

 

そうすればバストの下垂を防ぐこともできますし、正しいバストケアが出来てバストを大きくするには効果的ですよ。

 

・姿勢を正す

 

産後には赤ちゃんを抱っこしたり、オムツを変えたりすることで前かがみになることが多いですが、バストの下垂を招く元です。

 

ただ前かがみはどうしても必要ですから、バストを大きくするには足の付け根から上半身を曲げた前かがみを常に心がけ、時間が取れるときにはなるべく上半身をまっすぐにして姿勢を正すことが大切です。

 

産後は精神的にも体力的にも大変な時期ですが、女性としての魅力も持ち続けたいですね。

 

是非毎日の生活にこれらの方法を取り入れて、ママとしても女性としても美しくいられるように頑張りましょうね。

 

また今後のために、こんな記事も参考までに。↓

 

 

2つのホルモンの活性化で30代や40代がバストを大きくする方法!