【あきらめないで!】今からバストを大きくする方法とは?大胸筋トレーニングやマッサージなど

バストの悩み改善!バストが大きくなる方法、そのコツとは?

バストの悩み改善!バストが大きくなる方法、そのコツとは?

 

 

カッコよく大きなバストは、女性なら一度は憧れますよね。

 

実は私もバストが小さくて悩んだ一人なのですが、バストが大きくなる方法のコツをつかんでからというもの、これまでの悩みも吹っ飛んでしまいました。

 

そこで今回、私がつかんだバストが大きくなる方法のコツをお伝えします。

 

是非、あなたのバストを大きくするための参考にしてくださいね。

 

◆バストはどのような構造なの?

 

バストは非常に繊細な構造になっていることをご存知でしょうか?

 

私たちが普段目にしているバストは皮膚や乳頭ですね。

 

しかしその中は乳管群、乳房内脂肪組織、乳腺葉、乳腺、クーパー靱帯、大胸筋、肋骨といった組織や器官で繊細に作られています。

 

そのためバストの形や大きさには、これらとの関わりがあるのですが、特に関わりが深いのが乳房内脂肪組織、乳腺です。

 

それは乳房内脂肪組織、つまり脂肪ですがこれがバストの90%、そして乳腺が10パーセントを占めているからです。

 

と言うことは、バストを大きくするためには乳腺と脂肪に働きかけて、発達させることができれば期待が持てるということになりますね。

 

では、これらには実際にどのように働きかけると良いのでしょうか?

 

 

 

 

◆バストが大きくなるためには?

 

バストの中は様々な器官や組織があることをお伝えしましたが、それらは脂肪によって包まれています。

 

そのためバストを大きくしようと思えば脂肪を増やすことが最適のように思われますね。

 

しかし、その脂肪を増やすためには脂肪に包まれている乳腺の発達が必要なのです。

 

乳腺は赤ちゃんがお母さんのおっぱいを飲むときのお乳を分泌する器官なのですが、女性ホルモンによって発達します。

 

乳腺が発達するということはそれを包んでいる脂肪も増えなければ、バストを作っている器官や組織も包めませんね。

 

バストの悩み改善!バストが大きくなる方法、そのコツとは?

 

脂肪を増やすためには乳腺の発達が必要と言うのは、このためです。

 

では乳腺を発達させるためにはどのようにしたらよいのかと言えば、女性ホルモンが乳腺を発達させるのでしたよね。

 

と言うことは、女性ホルモンを活発にすれば乳腺が発達しますし、それによって脂肪も増えます。

 

つまりバストが大きくなる方法のコツは、女性ホルモンを活発にするということになります。

 

そして日々の生活の中で、バストの大元にある大胸筋を適度に鍛え、乳腺を大胸筋と皮膚の間でしっかりとつなぐ役割をするクーパー靱帯を切れないように注意をする必要があります。

 

 

 

 

◆今すぐ始められる!みるみるバストが大きくなる方法のコツとは?

 

バストを大きくするためには様々な方法がありますが、中でも今すぐに始められて急速に大きくするためには、エストロゲンという女性ホルモンを活性化させることです。

 

エストロゲンとは女性らしい美しさを維持する役割があるホルモンなのですが、この活性化にも様々な方法があります。

 

ただ、今すぐ始められて用意するものもない、お金もかからない、という方法は「恋すること、ときめくこと」です。

 

ただ、恋すると言っても相手は必要ですね。

 

そのため今すぐ身近に対象者がいなければ、芸能人にときめくことも一つの方法です。

 

また恋愛小説や映画などでときめくことも一つの方法です。

 

 

バストの悩み改善!バストが大きくなる方法、そのコツとは?

 

 

ちなみに私は対象者がいなければ、テレビドラマで俳優さんが演技する私好みの役柄にときめきを求めます。

 

少し、悲しい方法かもしれませんが…。

 

いずれにしてもバストが大きくなる方法の簡単なコツは「恋やときめき」を日常の中で見つけること。

 

あなたもこの方法のコツをつかんでみませんか?

 

憧れの形の良い大きなバストが、あなたのモノになることが期待できますよ。

 

またこのような方法も試してみてはいかがでしょうか。↓

 

 

意外に簡単?確実にバストを大きくしたい人におすすめの方法とは?